2007年07月19日

ホームページは他人には作れない

いざホームページを作ろうと思ってもなかなか時間が取れなかったり、思うようなものが作れなかったり、自分ですべてをこなすのは思いのほか大変です。確かにホームページというのは他の媒体と比較すると自作することが比較的可能ですが、やはり素人が出来る事には限界があります。デザインなど見た目だけの問題ではなく、維持管理のし易さやアクセス対策の面でも外注で質の高いものを作成するのが望ましいといえます。
そこでホームページの作成を業者に依頼したとしましょう。業者に電話して契約書にハンコを押し、すべてを任せるわけですが、実はホームページは外注業者だけでは作れません。依頼主であるあなたが必要な情報すべてを業者に伝えなければホームページの記事は作れないのです。ホームページは他人には作れないのです。
正確な情報、詳細な内容を外注業者に如何に伝えられるかによってホームページの出来は大きく変わってきます。
またこの情報収集の段階で作成業者のレベルも分かります。優秀な業者になると取材という名目で担当者が訪れ、十分なヒアリングを行って積極的に必要な情報を引き出してくれます。
もしそうでない場合でも、思いつく限りの情報とコンテンツを用意して作成業者に託すのが理想的です。単に頭で考えるだけでは上手くまとまりません。箇条書きで構いませんので思いつくことすべてを紙に書き出し、最後に不要な情報だけを削除していくことで情報量の多い良い原稿が出来上がります。
会社概要などの基本情報から、業務案内、サービス情報だけでなく、専門的な情報が詰まったコンテンツまで用意できれば理想的です。
写真も忘れずに用意しましょう。写真も出来る限りたくさん用意したほうが良いので、日頃から撮りためておくのが良いでしょう。写真の質は当然高いほうが良いのですが、業者側でもある程度の画像加工が出来るのでそれほど拘る必要はありません。
posted by osola at 08:59| Comment(18) | TrackBack(1) | 【+】ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

ホームページ作成費用についてB

ホームページを作成する際の費用については結論からいうとクライアント側で決めてしまうのが理想的です。

ホームページに対する価値観は人によって大きく異なります。とくに初めてホームページを作りたい人にとってはできる限り費用を抑えたいのが本音でしょう。また作成の経緯やや目的によっても作成にあてられる資金は変わってくるでしょう。

ホームページの存在意義をよく考えて、また作成後の運用費用も合わせて投資できる金額を割り出してください。
作成する側の私がホームページ作成に必要だと思う最低金額はこんな感じです。


●個人経営者〜家族経営の商店など → 10万

●社員10名までの零細企業 → 20万

●社員10名以上の中小企業 → 30万


もちろん業種や作成意図によっても変わってきますが最低はこれぐらいの費用が必要だと思います。もしこれ以下の費用で作成を依頼されたら、私ならタウンページや地域情報誌への掲載をすすめます。


banner_02.gif
人気blogランキングへ

2007年07月03日

ホームページの目的

ホームページを作成するにあたって考えなければならないのはそのホームページで何がしたいかということ。

物を売るのか、資料請求を受け付けるのか、情報発信なのかPRなのかというようなことです。

私も他社のホームページを手掛ける際にはこの「目的」をもっとも重要視しています。その目的が曖昧だと思うように効果が期待できないばかりか、せっかく費用を投じて作成したホームページも単に自己満足に終わってしまう結果になります。

私が打合せのときに良く言われるのが「ホームページっていってもよく分かんないから全部任せるよ!良いようにやってよ」という意味合いのこと。

このような場合は明確にどうしたいのかという目的がお客さんにもありませんので必然的に出来上がったホームページも何だかパッとしません。

ホームページを見る側の立場で考えてみましょう。何も目的が無いのにインターネットをしますか?テレビなどは勝手に流れてくる番組を見せられているのでとくに目的が無くても良いのですが、インターネットの場合は見る側が目的に応じた内容をピンポイントで探し出すというアクションをし、その目的に応じたホームページを見ます。

ということは目的のないホームページは見られることもないのです。どんなにきれいなデザインあろうが、派手な動画で演出しようが単なる自己満足に過ぎません。

ホームページを作成する際はそのホームページの目的を明確にすることがもっとも重要です。その目的が定まれば必然的にやるべきことや考えるべきことが見えてくるはずです。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
posted by osola at 09:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 【+】ホームページ作成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

PCの寿命から新PC導入まで5

18日にDELLに注文した二台の新しいPCですが、ようやく28日に一台が到着しました。一時はDELLのオーダーステータスで

「ご注文の製品は現在生産調整中ですが、諸事情によりお届予定日に遅れが生じる見込みです。」

とのことでしたが、こちらの方はむしろ予定よりも早く到着しました。

到着したのはデスクトップPCのDimension9200。まず初めて触れるWindowsVistaがはやり印象的。とても高性能なPCですのでVistaの動作も軽快。データ、プリンタ共有用のネットワークの設定に多少手間取りましたが、使い勝手にほとんど違和感はありませんでした。

注文時に楽しみにしていた「Viivテクノロジー」は、実際に触れてみてもいまだにその意味が良く分かりません。

この時点で、注文したもう一台は相変わらず「緒事情」により生産が停止したままです。

そんな中某海外サイトの情報通り、やはり新モデルが発表されました。Inspironシリーズが軒並み新しくなりました。早速注文してからまったく動きの無い方のオーダーをキャンセルし、新モデルを再オーダーしました。

価格はほとんど変わらず性能もほとんど差はありませんが何よりも新モデルの魅力はそのボディーカラー。

今まで地味だったDELLのPCらしからぬ鮮やかなボディーカラーが8色から選べます。色というのは不思議なもので人の気持ちや感情に直接的に作用します。私にとって色はとても大切な要素なのでこのモデルチェンジは魅力的でした。

いつか私がまだPCに触れて間もない頃、色のついたPCは売れないという記事を読んだ記憶があります。あの頃はPCといえば黒かベージュ、オフホワイトなどの地味な色ばかりでした。今ほど一般家庭への普及がなかったのが主な原因ですが、人の印象として鮮やかなカラーではPCらしくなく、魅力的に見えなかったということもその原因のひとつでした。

私も今まで地味なカラーのPCしか触れたことがありません。今から「カラーPC」の到着が楽しみです。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
posted by osola at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 【+】パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

PCの寿命から新PC導入まで4

18日にDELLに注文した二台の新しいPCですが、オーダーステータスによると最初は二台とも7/1前後の到着予定でした。

このDELLのオーダーステータス、その曖昧さと適当さが有名ですが案の定今回も19日夜からあやしくなってきました。

まず二台とも
「ご注文の製品は現在生産調整中ですが、諸事情によりお届予定日に遅れが生じる見込みです。」
との表記に変わりました。どうやら何か問題が起きた様子ですが詳しい状況はまったく分かりません。

21日早朝に突然一台だけ製造完了→国際輸送準備中との表記に変わりました。どうやら問題が解決した様子です。この時点で再び7/1到着予定ということになりました。

22日に国際輸送が始まった模様。DELLの日本向け製品は中国の福建省で製造しているとのこと(詳細は不明)ですが、どうやら船での輸送のために時間が掛かるそうです。到着予定日が6/29になりました。

もう一台は25日現在も相変わらず「緒事情」により生産が停止したままです。到着予定日の見通しも立たないまま一週間経過しました。

一部うわさによるとモニタ部分のパーツの調達が難航しているとのことです。確かにこの製品は注文時に納期が若干長めだという旨の記載があったような気がします。

また某海外サイトの情報によるとやはりDELLは近日中に新製品の発表をするようです。いくつか写真も見ることができましたがカラフルなカラーリングが目を引くスタイリッシュなラインアップになるようです。真っ黒でビジネスPC然としていたDELLのPCも年々明るくスタイリッシュに変貌しています。

すぐに新しいモデルが出るならいっそのこと遅れている一台をキャンセルしまもなく発売される新モデルに変更しようかと密かに企んでいます。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
posted by osola at 08:32| Comment(0) | TrackBack(2) | 【+】パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ドロップシッピングでオンラインショップを作ってみました9

私が運営するドロップシッピングサイトですが、あれこれとSEO対策を施してきましたが、どういうわけかなかなかクローラに巡回してもらえず、その効果も反映されないまま、現在はほとんどリスティング広告に頼るだけの集客になってしまっています。

現在のアクセス数は一日に約10人ほど。当然ながらこの訪問者数では何の反応も無く当然売れる気配などまったくありません。

そこでまず私自身が自分の店で買ってみることに。自分が売っている商品をまず自分自身で触れて確かめることは小売業では当然のことですが、ドロップシッピングの場合は在庫を持つ必要がなく、出荷作業もしないわけですから、ひとりの顧客として商品を買う以外、商品に触れる機会はまずありません。

そんなわけで自分のショップで注文してみたわけですが、私のつかっている「もしもドロップシッピング」の場合は注文画面も洗練され入力も分かりやすくショッピングする側にとってはなかなかの使い勝手です。ただそれだけに注文後にやってきたメールの簡素さと味気なさには少しがっかりしました。

そのメールに記載してあったのですが、商品の到着日の案内が「2週間以内に商品をお届けします。」というなんともアバウトかつシンプルな文面でした。この納品日数に関しては「もしもドロップシッピング」のマニュアルにも記載がありませんでした。当然私たちドロップシッパーは配送業務にノータッチですから納品日数については知る必要がありません。しかし、購入者にしてみればこの「2週間以内にお届けします」ではあまりに不親切です。商品ごとの納期がもう少し明確にできれば利用するユーザーすべてにメリットがあるように思うのですが、現実的には「もしも〜」側でこの部分を管理する事は難しいのでしょうか。しかしこの納期の部分はネット通販ではとても重要な要素です。何とか早めに対応してもらいたいところです。

そんな不安要素を心配しつつ、商品の到着を待ったのですが、19日の注文確定で到着したのが21日の夜でした。丸中二日での到着は予想外の早さでした。この辺りがうまく購入者にアピールできればドロップシッピングのサービス自体がより活性化するように思います。

banner_02.gif
人気blogランキングへ

2007年06月21日

サイトマップの作成

現在はほとんどのユーザーがGoogleとYahoo!どちらかの検索によってホームページにアクセスするわけですから、当然アクセス対策ではこのふたつのサーチエンジン対策が中心となります

サーチエンジ最適化といえばキーワードの選定、サイト内のキーワード記述率、被リンクの獲得、HTMLの最適化、やるべきことはたくさんあります。これら対策がサーチエンジンの巡回ロボットに認識されて初めてその効果が得られるわけですが、この巡回を運営者がコントロールすることができないばかりにSEOの対策の効果を得られるまでに時間が掛かったり思うようにクローラに巡回してもらえずヤキモキしたり、意外と難しいものでした。

そこで是非考えたいのがサイトマップの作成。サイトに訪れるユーザー向けのHTMLのサイトマップの作成とサーチエンジン用のXMLのサイトマップの二種類です。

HTMLのサイトマップはサイト内のページを一覧で書き出せば良いわけです。各ページの関係や繋がりを図式化して示す事ができればより効果的。

次にGoogleやYahoo!のサーチエンジン用のXMLのサイトマップですが、こちらはネット上にいくつか作成ツールがありますので、それで作成するのが便利です。Yahoo!の場合はサイトマップを作成しても登録と管理ページが日本語化されていないので私はしていません。そのうちGoogleのウェブマスターツールのような日本語化された管理画面が出来る事を願っています。


■Googleサイトマップの作成について参考になるサイト

http://dokodemo.rankuappu.com/google3.html#DIY


■サイトマップ作成ツール

http://www.xml-sitemaps.com/


サイトマップもクローラの完全なコントロールはできませんが、やらないよりいくらか効率よく精度の高いサイト巡回をさせることが可能になるようです。

banner_02.gif
人気blogランキングへ

2007年06月20日

PCの寿命から新PC導入まで3

先日注文したDELLのPCですが、実はもうひとつノートPCの発注も同時にしました。

デスクトップはDimension9200で、ノートはInspiron640mです。このInspiron640mはなぜか注文後にDELLの商品ラインナップからなくなりました。廃盤でしょうか?モデルチェンジでしょうか?何だかタイミングが良すぎて不気味ですが・・

まあ何はともあれ注文は完了しオーダーステータスも確認できるようになりました。このオーダーステータス、一見便利なシステムですがその精度に疑問があります。3日、4日ほど平気で前倒しになる事もあれば、国際輸送中なのに次の日に到着したり、到着してるのにいつまでもお届け済みになっていなかったり・・正確さに欠けると世間の評判もあまり良くない様子です。

今回は2台とも6月19日の受注で7月1日前後のお届け予定だそうですが、はたしていつになるのでしょう。とても楽しみです。

banner_02.gif
人気blogランキングへ
posted by osola at 09:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 【+】パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

思い通りのセルフSEO

SEOはサーチエンジン最適化ですが、具体的に何をどうすれば良いかとなると難しくなります。とくにキーワード検索ばかりが注目され、しかも皆が同じキーワードに群がる日本のインターネット事情のために私たちのサーチエンジン対策は実際にとても難しいものになってしまっています。

インターネットの仕組みや仕様自体日々刻々と進化しているわけですから、セルフSEOももはや片手間では大した結果が得られません。

しかし基本的な対策は施しておかなければあなたのホームページの存在は無いに等しいので少しづつ実践してみてください。



■セルフSEOに役に立つサイト
http://www.seotools.jp/

http://seo.fc2.com/



banner_02.gif
人気blogランキングへ
posted by osola at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【+】ホームページ基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

PCの寿命から新PC導入まで2

先日PCの液晶が映らなくなり、メーカーに問い合わせたところバックライトとインバータの交換が必要とのこと。

修理に時間が掛かること、また結構な費用が掛かるようなので、それならばと新たにPCを導入することにしました。

週末にいろいろと調べてみましたがやはり最終的に残るメーカーはDELLとhp。とくにDELLは他のメーカーが揃って売上げが伸び悩む中、唯一売上げを伸ばし一人勝ち状態になっている雰囲気がウェブサイトにも現れています。全モデルにおいて他メーカーよりワンランク上の仕様を打ち出し、さらに魅力的なキャンペーンとクーポンの二段割り引き。

一般的にDELLといえば価格が安いというような認識があるようですが、じつは他メーカーと比較して決して安くはありません。

安いから内容もそれなりだとか国産じゃないからボロだとか最近流行の「クチコミ」などではあまり評判が良くないようですが、これは実際にDELLのPCに触れたことがない人の意見かもしれません。

一見安く見えますがこれは売り方が上手いのです。実際に仕様を構成し見積りしてみると分かります。他メーカーのように豊富なユーティリティーソフトやメディア機能が無いことを考えるとむしろ割高かもしれません。それでもDELLのPCが売れるのは高い基本性能と世界中で信頼されるDELLというネームバリューがあるからです。

というわけでまずは基本構成より約10万円引きのDimension9200に決定です。このモデルは登場からすでに1年ほどが経過しそろそろモデルチェンジのタイミングなのでしょうか、最近大幅な割引きキャンペーンをよく目にしていました。私はPCのデザインなど気にしないので、一年間仕様変更など熟成を重ね市場で踏ん張ってきたこのモデルの信頼性がむしろ魅力的でした。

DELLはサイトの作りは分かりやすくて良いのですが、注文画面と注文後のメールなどが不親切、昔からそこだけは改善がありません・・

banner_02.gif
人気blogランキングへ
posted by osola at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【+】パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。